3D測量・写真測量・GNSS測量・土木設計のことなら全国対応致します

地上又は上空などから撮影した写真を用いて、対象物の3次元点群データ及びオルソ画像を作成します。

標定点および検証点の設置・観測

写真上の点と地上の座標との関連性付けのために測定される地上の点を標定点といいます。
標定点には3次元座標(XYZ)が必要な為、3次元座標を持っている基準点からトータルステーション等を使用して観測を行い座標を取得します。

標定点および検証点の設置・観測

撮影

自動航行で決められたルートをドローンが飛びながら写真を撮影します。
DID(人口集中地区)においても運行許可を得ることで、飛行させています。
上空写真だけでは、データの取得が難しい場合には、地上から撮影した写真・動画も併用します。
また空撮写真だけが欲しいというご要望にも対応致します。

計算

標定作業を行った後に3次元点群データ及びオルソ画像を作成します。
点群データは現況測量、出来形管理測量、縦横断測量などに活用します。

計算

UAV(ドローン)写真測量の利点

  1. 安全性
    人が立ち入ることが出来ない場所や土砂崩れの現場など危険な地形でも、安全に作業を行うことが出来ます。
  2. 観測の素早さ
    起伏の激しい土地でも、影響を受けることなく素早い観測を行うことが可能です。
  3. 点群密度が高い
    航空写真測量と比較し低空から撮影を行うため、より高密度の点群データを得ることが出来ます。
操縦研修会

運航許可書

航許可書