3D測量・写真測量・GNSS測量・土木設計のことなら全国対応致します

TOPCON 3次元レーザースキャナ「GLS-1500」は非接触で地形や構造物の3Dデータを取得可能な計測機器です。
従来測量における単点での測量と違い、1秒間に数万点の点情報を高速かつ高精度に取得できるため、対象物を面的に計測できます。
計測したデータは平面・縦横断図等の図化や、3Dモデリング、各種施設の新設・リニューアルや維持管理の検討のための資料など、様々な用途に対応する基盤データとして利用出来ます。

測量方法詳しくはこちら

TOPCON 3次元レーザースキャナ「GLS-1500」

事例紹介

3次元データ取得

現場写真

実際に3Dレーザースキャナで測量を行った場所の 単なる写真です。

点群データ

こちらは写真ではありません。測量を行った後の3D点群データで、今回の点群データは約4,600万個の点の集まり。一つ一つの点が座標値(XYZ)と色(RGB)と放射強度のデータを持っています。

断面図

断面図

点群データが有れば任意の位置で断面図を作成できます。試しに黄色いラインの位置の断面がどのようになっているかを見てみます。

こちらは写真ではありません。測量を行った後の3D点群データで、今回の点群データは約4,600万個の点の集まり。一つ一つの点が座標値(XYZ)と色(RGB)と放射強度のデータを持っています。

トンネルの点群データ

トンネルの点群データ

トンネルの内空断面も容易に作図

平面図

三次元点群データは正確な座標値を持っているため、点データをなぞるだけで平面図や立面図を作成できます。
以下の例は、大型車通行に伴う障害物の調査を目的とした平面図です。

真上からの視点

斜めからの視点

3Dレーザスキャナの利点

  1. 安全性
    非接触での計測のため、危険な場所に立ち入らずに測量できる。車道の測量を行う際にも交通規制など無しに、安全を確保し測量することが出来る。
  2. 高精度観測
    ±4mm(150m先)
  3. 視覚的に捉えやすい。
    スキャンする際にXYZの座標値だけでなく、色(RGB)も取得するため、写真を見ているようで視覚的に分かりやすい。地下駐車場のような複雑な構造でもスキャンさえしてしまえば、位置関係がまる分かり。
  4. 短時間で大量の点が取得できます。そのため観測時間に制限のある場所での測量にも向いています。

3Dレーザスキャナの利点

3Dレーザスキャナの利点

3Dレーザスキャナの利点

GLS-1500の仕様概要

GLS-1500の主な用途一覧

弊社事例
一般事例