3D測量・写真測量・GNSS測量・土木設計のことなら全国対応致します

GNSS測量は、人工衛星から送信される電波を利用する測量方法です。
したがって従来の測量では不可能だった場所の測定が可能となりました。
弊社では「基準点測量」はもちろんのこと、「現況測量、縦横断測量、メッシュ測量、復元作業」など幅広い分野にGNSSを活用し、測量業務を実施しております。

GNSSとは?

GNSSは、GPS(アメリカの人工衛星)、GLONASS(ロシアの人工衛星)、Galileo(EUの人工衛星)、準天頂衛星(特定の地域上空にとどまる衛星)等の測位衛星システムの総称です。
GPSという名称のほうがカーナビや携帯電話の機能でより身近だと思いますが、GPSはGNSSの一種という括りになります。
より高精度な測位方式を採用することにより、測量分野でも活用されています。

準天頂衛星

1級GNSS測量機(2周波)を5台保有

従来のGPSに加えて、GLONASSや準天頂衛星など複数の衛星システムを利用できる機器を導入することにより、さらに高精度な測量を実現します。

  • Trimble R10(TRM_R10) 4台
  • Trimble 5800(TRM5800) 1台
  • 電子平板用PC 3台
1級GNSS測量機

基準点測量(スタティック法)

複数地点において同時にGNSS機器で観測を行います。
(一時間以上)衛星からの電波到達の差(位相差)を解析する事によって受信機間の距離を求める方法です。
高精度の基準点観測を行うことができ、1~4級基準点測量で利用できます。

スタティック測量イメージ

スタティック1級基準点測量作業状況

基準点測量(ネットワーク型RTK)

配信事業者からの補正データを基に、GNSS機器1台で観測を行います。
スタティック測量より観測時間は短いですが、1~2級基準点測量には適用できません。
ネットワーク型RTK方式は、3~4級基準点測量の他に、現況測量やメッシュ高低測量などにも活用しています。
また公共測量作業マニュアル(案)ではVRS方式・FKP方式を採用しておりますが、弊社ではその両方に対応致しております。

スタティック1級基準点測量作業状況

メッシュ高低測量・横断測量(ネットワーク型RTK)

配信事業者からの補正データを基に、GNSS機器1台で観測を行います。
電子平板の画面にCADデータを入れ、その図面上で現在位置を表示させながら測量を行います。
より正確な位置でメッシュ高低測量や横断測量を行うことが出来ます。

Trimble R10 性能仕様抜粋
• 衛星信号の同時捕捉
– GPS:L1C/A、L1C、L2C、L2E、L5
– GLONASS:L1C/A、L1P、L2C/A、L2P、L3
– Galileo:GIOVE-AとGIOVE-B、E1、E5a、E5B
– 北斗(COMPASS): B1、B2• QZSS、WAAS、EGNOS、GAGAN
• 測位レート1 Hz、2 Hz、5 Hz、10 Hz、20 Hz
測位性能
静止および高速静止測量
水平. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3 mm + 0.5 ppm RMS
垂直. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5 mm + 0.5 ppm RMS
ネットワークRTK3
水平. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8 mm + 0.5 ppm RMS
垂直. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15 mm + 0.5 ppm RMS