3D測量・写真測量・GNSS測量・土木設計のことなら全国対応致します

弊社では全自動(自動追尾・自動視準)で観測できるトータルステーションを導入しております。
その他機材も、創意工夫により作業の効率化を図っております。

機器紹介

電子レベル

電子レベル

トータルステーション(全自動観測対応)

トータルステーション(全自動観測対応)

全方向プリズム

全方向プリズム

基準点測量

基準点とは、地図作成や各種測量の基準となるものです。これらの基準点
は、すべての測量の基礎として、公共測量、地籍測量、地殻変動観測等に
使用されます。
動画では自動追尾式トータルステーションと全方向プリズムによる自動対回観測をご紹介しています。

水準測量

水準測量とは、地表面の高低差を測る測量です。
直接水準測量はレベルと標尺を用いて行います。
弊社では光る標尺を製作し、夜間作業や暗い場所で行う作業の効率化を図っております。(特許出願中)

暗所用標尺・スタッフ

電子レベルによる水準測量作業状況

現況測量

現況測量とは現地に存在する地物(建物やブロック塀、縁石、電柱や道路等)を測り、それらの位置関係を示した平面図を作成する測量です。
最近では自動追尾式トータルステーションと全方向プリズムを取り入れることにより、ワンマンでの測量も可能になっています。

路線測量

現況測量に基づいて計画された位置を現地に表示し、道路・水路等の新設及び改良の計画・実施設計に用いられる基礎資料を作成するまでの測量をいいます。
動画では、現地への位置出しを行う作業風景を紹介しています。